きっぷるでは、JR東日本管轄の列車のきっぷのご予約を再開しました。新幹線の最新の運行情報・コロナウイルス対策はこちら。

上越新幹線の自由席はどこ?どれぐらい混雑する?

自由席 新幹線の豆知識
この記事は約3分で読めます。

通勤やスキーへの足に利用されることの多い上越新幹線。

この記事では、上越新幹線を利用する上で気になる上越新幹線の自由席の位置や混雑情報を掲載しています。
引退する前に乗っておきたい2階建て新幹線E4系の自由席についても紹介していきますよ!

ときの自由席の位置

ときの自由席の割合は、種別によって変わります。

ほとんどのときは、E2系(10両編成)で運行されています。
E2系ときの自由席は、東京寄りの1〜5号車にあります。

現時点でE7系は1日4往復ですが、今後はE7系に統一されるということで、これから増えてくると思われます。
現状、E7系とき(12両編成)の自由席は列車によって割合が変わり、1〜3号車しかない列車もあれば、1〜8号車まで自由席になることもあります。

MAXときの自由席の位置

2階建て新幹線のMAXときは、8両編成で運行されることもあれば、8両編成を2つ併結させて16両編成で運行されることもあります。

まず、8両編成で運行される場合。
MAXときの自由席は、東京寄りの1〜4号車の1階、2階部分になります。

16両編成で運行される場合、定期運行列車か臨時列車かで自由席の割合が異なります。

臨時列車の場合は、8両編成の場合をベースに、東京方面から自由席4両→指定席4両(一部グリーン席)→(連結部分)→自由席4両→指定席4両(一部グリーン席)の順に並んでいます。

定期運行列車の場合は、臨時列車と違い自由席3両→指定席5両(一部グリーン席)→(連結部分)→自由席3両→指定席5両(一部グリーン席)と、割合が変わっています。

ただし、16両編成の一部の列車は自由席の割合が異なるため、乗車前にご確認ください。

たにがわの自由席の位置

たにがわはE2系、E7系にかかわらず、グリーン車とグランクラスを除いて全て自由席となっています。

ただし、越後湯沢側の自由席は指定席になる列車があります。

MAXたにがわの自由席の位置

MAXたにがわの自由席は、パターンによって自由席の数に大きな差が出てきます。

8両編成の場合、東京寄りの5号車の1階、2階部分が自由席です。

16両編成の場合、越後湯沢寄りの7、8、15、16号車にあるグリーン車を除き、全て自由席になります。

また、MAXときと同じ16両編成(臨時列車)がMAXたにがわとして運行されることがあります。

どのパターンでも一部の列車は自由席の割合が異なることがあるため、ご乗車の際はお気をつけください。

上越新幹線の自由席の混雑度は?

土日でも、自由席の3人がけの真ん中の座席まで満席になることは少ないです。

特に2階建てのMAXとき、MAXたにがわは普通の新幹線よりも収容可能な人数が多いため、自由席に座れる可能性は高いです。
なにしろ、2階部分は3・3列の座席配置になっていますからね。

ただし、スキーシーズンになると話は別。
特に週末は非常に混み合い、MAXであっても指定席は満席になってしまいます。
スキーシーズンに利用するなら早めに指定席を押さえるか、当日早めに並んで運転間隔の短い後発の列車を狙うなどの工夫が必要です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

上越新幹線は特に通勤に重点を置いていることもあり、どの種別でも自由席には結構余裕があるということでした。

しかし、2階建て新幹線E4系は今後姿を消すと言われているため、その後は自由席でも混み合うことになるのかもしれません……

今後の動向に、注目が集まります。

関連記事

タイトルとURLをコピーしました